IDカードの概念と用途

IDカードとは名前や所属企業、学校の名前や顔写真が記載されているもので、個人の身分証明として機能しています。

最近では、IDカードは企業の情報漏えいやセキュリティの強化により、入退出管理や勤怠管理などに使われています。特に、需要が拡大し通つつあるのが、IC機能のついたカードで、本来のIDカードの機能に加え、さらにセキュリティを高め、交通機関の乗降時の認証や、電子決済機能もついています。


コンピューターによる名簿管理がもたらす効果

デジタル化の波が押し寄せると共に、オフィスワークで求められる作業も大幅にスピードアップを図ることが可能となったと言われており、中でも名簿の管理に関しての進展は目を見張るものがあります。

専用のソフトウェアを用いることによって、作成管理が手軽に出来るという利点はもちろんのことながら、セキュリティ面での信頼度も増すのです。